SHIP log

あまり知られていない内航船の生活 仕事などをまとめています

未経験で船員に転職?メンタル弱かったら船員は厳しいですよ。

f:id:fukufukutaro1:20190929011436j:plain

皆さんは、船員に転職するときどうゆう条件で会社をさがしますか?

給料?人間関係?もしかすると、昔から憧れていた船乗りでとりあえず船に乗ってみたいとかあるかもしれませんね。

 

確かに、船員になると陸上の平均年収を超える年収を貰えます。

 

でも、

 

船員になって「やっぱり、違った」とかイメージと違いこんなはずじゃなかったと折角、入社したのに最初の休暇で辞める人も少なくありません。

f:id:fukufukutaro1:20190930194627j:plain


 

1 船員は楽な仕事ではありませんよ!

船員未経験で入ってくる人で続かない人は最初の休暇で辞めていく人が多いナと感じています。

 

航海士や機関士、司厨長の仕事も最初は負担が少ない作業から初め段階を踏んで慣れていくように教えていますが、メモも取らず何度も同じ質問をしたり分らない事があっても誰にも聞かないとか。

 

船員に転職したのに仕事に真剣さが足りない人たちもいて、勿論最初は憧れだった船員になって意気揚々と船に乗ったつもりが想像とのギャップの違いにだんだんこんなはずじゃなかったなんて事になり案の定休暇になると辞めていくんですよね。悲しいことに...。

 

船員に転職するって事は、前職でどんなキャリアがあっても年齢が上でも転職したひとは一番下扱いになりますよね。

 

船員はどんなに経験があっても役職がすべてです。

 

船員は

強烈な縦社会で成り立っています。新卒でも海技免状を持っていたら士官になりますし未経験で船員になると後輩になるのです。

 

なので謙虚な気持ちを持つようにした方がいいでしょう。

 

2 辞める理由

  • 人間関係

どんな職場にもイヤな人は居ると思います。

 

でも陸上なら帰るとリセットされますが船ではどんな状況でも最低3ヶ月は一緒ですから逃げ場がありません。

 

船内がドロドロした雰囲気なら目も当てられませんよね。

 

甲板部と機関部で派閥があるとこもあったりしますからそういった船はスグに人が辞めていきます。

 

船に乗って初めての時は必ずケガだけはするなと言われます。

 

船にはどんな危険が潜んでいるか分らないからです。なので、最初は他の船員から厳しいことや罵声が飛んでくるかもしれません。

 

 しかし、

 

周りもみんなケガをしてほしくないから厳しくいってるだけです。

 

でもその忠告を忘れたり無視すると「こいつは、仕事が出来ないやつ」「何を言っても一緒」というレッテルが貼られてしまい船内で孤立してしまう原因にもなってしまいます。

 

そういった状況になるといくら頑張ろうと改善は難しくなりイジメの原因にもなってきます。

 

それが原因で、船を降りた人も少なくはないのです。

 

何を言われてもあとで見返してやろうという鋼なメンタルをもって望みましょう。

 

仕事の時は厳しく罵声も飛んでくるときもありますが

プライベートはみんな優しいです。

 

 

船不規則な睡眠時間

内航タンカーはホントの寝る暇もないかって位、忙しかったりします。

 

入港してスグ荷役作業などの時もあり、航海士は十分に睡眠や休息を取れないときもあります。

 

よくこの会社の仕事の量はおかしいと辞めていく人がいますが、そもそもタンカー船は忙しいです

オペレーターの裁量で仕事も決まりますが、毎日入港出港を繰り返す船もありホントに寝る暇さえない船もたくさんあります。

 

 

www.ship-crewsenin.work

 

f:id:fukufukutaro1:20190930194705j:plain

3 夢だけでは船員という職業は選ばない方がいい

ただ、船に魅力を感じたとか、給料がほかよりも良いという理由で船員を目指すのはオススメできません。

 

船員は航海中でも作業中でも1回でも事故を起こすと自分の命や同じ船に乗っている乗組員の命までも危険にさらされるリスクがあります

 

仕事も、体力面は勿論精神面でも大変キツい職業だと思います。中途半端な気持ちではやっていけません。

 

f:id:fukufukutaro1:20190930195021j:plain

4 まとめ

どの仕事でも憧れの職業だったけどやってみたら想像と違ったなどあるとおもいます。

船員の仕事の場合はまず、人間関係が一番大事になってきます。

 

船員は昔気質の人が多く、悪く言えば言葉が汚い人たちもいますので、そういったことをいわれても挫けず、頑張っていただければナと思います。

 

今から船員に転職を考えてる人にとって少し厳しいことも書きましたが船員は甘い物ではありませんので、それを伝えたかったのです。生意気なことを言ってすいません。

 

でも、船員に本気で転職したい人なら大歓迎ですのでいつか一緒の船に乗れることを楽しみにしています。

最初はへこたれないメンタルをもって乗船しましょう。

 

 

 

 

www.ship-crewsenin.work

 

 

www.ship-crewsenin.work